お風呂リフォーム キッチンリフォーム トイレリフォーム 床暖房リフォーム

リフォームとリノベーションの違いとは?どちらも改装工事なのに何が違うの?気になる疑問にお応えします!

お風呂リフォーム

最近ではリノベーション物件やリノベーションカフェなどを多く見かけるようになりましたが、リフォームとはどのような違いがあるのでしょうか?そこで今回はリフォームとリノベーションの違いについて紹介します。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い

「リノベーション」と「リフォーム」の使い分けは非常に曖昧になり、明確な線引きはされにくくなってきています。

まず大前提として、家を改装又は改築することを、日本では英語で「リフォーム」と訳してしまった事が最初の間違いでした。

「reform」をそのまま翻訳すると分かるように、「改革」「改定」「革新」といった意味合いで、物体というよりも物事に対して使用する言葉です。

対してリノベーション「renovation」は、古くなった家や部屋を改修する際に使用されてきた言葉です。ですので、近頃使われるようになってきたリノベーションという単語が、本来使用されるべき単語だったのです。

現在、日本で使われているリフォームという言葉は、いわゆる和製英語のようなものですので、海外では同じ意味合いで通じないと思います。

これらの前提を踏まえた上で、日本で使われている意味での「リフォーム」「リノベーション」の違いを解説して参ります。

※明確な線引きがあるわけではありませんので、私たちが普段使用している中での、「こんな感じかな~?」といった感覚での説明です。結論から言ってしまうと、どちらでも通じます!

リフォームとは

リフォームとは

住居の改築、改装のことで、住まいの性能を新築当時のような状態に戻す工事をいいます。

例えば、老朽化した床や壁紙をはがし、新しい床や壁紙を貼るようなケースです。古くなったから新しくするといった感覚ですね。

リフォームの例

・屋根の修理

・外壁の塗り替え

・キッチンや浴室の取替え、修復

・補強工事

・住設機器の取替

リノベーションとは

リノベーションとは

既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能の変更または性能を向上させたり、付加価値を与えることをいいます。

住まいの用途を替えたり、新築当初を超える性能にする工事であるといえます。例えば、玄関と隣の居室を解体し、新たに玄関と土間収納を作成したりですとか、廊下で区切られたダイニングキッチンと和室を全て解体し、広いLDKに改装するような場合ですね。

家の購入を検討している方で、なかなか理想の間取りに出会えない方は、中古住宅を購入してリノベーションを計画してみては如何でしょうか。理想の間取りを作れるのは注文住宅も同じですが、かかる費用や時間は断然リノベーションの方が安く早くなります。

同程度の広さや設備であれば、注文住宅、建売住宅、リノベーション住宅の順に値段が高く、建売住宅、リノベーション住宅、注文住宅の順に早く住めます。

ただし、どうしても古い箇所は残りますし、前入居者が生活していたのは間違いありませんので、そういった事が気になる方にはおすすめできません。

リノベーションの例

古民家等、中古住宅を自分好みに作り替えるといった場合

・廃校になった学校をオフィスや福祉施設に

・子供の成長に合わせて間取りの変更

・キッチン、バス、トイレ等の位置変更

リフォームを行う際の注意点

リフォームを行うメリット・デメリット

リフォーム後の10~20年後を想像して設計しましょう。完成後、最低10年程はそのまま使用することとなりますので、後悔が無いようにしたいですね。

また、一度に複数個所をリフォームした方が安くなりますので、キッチン、バス、トイレ、扉、床、壁紙等はまとめて依頼しましょう。

毎年違う場所を個別にリフォームしていると、商品代は変わりませんが、人件費や諸経費が高くつく傾向があります。

リノベーションを行う際の注意点

リノベーションを行うメリット・デメリット

リノベーションは、比較的大規模な工事になる事が予想されます。ですので、現在住んでいる家をリノベーションする場合は、 仮住まいが必要になるのと、邪魔になる家具を保管する場所が必要になります。もちろん、それに対する費用もかかります。

住んでみたらイメージと違ったからといって、簡単にやり直しはききませんし、二度と元には戻せないような箇所もあります。生活した時のイメージを固め、理想のお家を作りましょう。

中古住宅を購入してリノベーションをお考えの方は、予算をしっかりと立てて、お見積もりを取りましょう。良いものを選べばその分高くなります。

築年数が30年近ければ、各種配管もやり直した方が良いでしょう。手が入らない箇所で漏水してしまうと、せっかく綺麗になったお部屋の壁や床を、壊さないといけなくなります。

まとめ

リフォームとリノベーションの主な違い

私が考えるリフォームとリノベーションの主な違いは「作り直す」「作り変える」かといったところです。

最初に述べたように明確な違いはありませんし、誰かが決めたわけでもありません。どちらの言葉を使っても通じます。どちらかだから金額が違うということも、給付金が貰えないなんてもとも、勿論ありません。

ただし、リノベーションって言った方が、なんか今風でおしゃれですよね。

タイトルとURLをコピーしました