ガス機器

ガスコンロは自分で設置できるの?購入前に知っておきたいガスコンロ設置のDIY事情

ガス機器

よくお客様から「ガスコンロは自分で設置できるの?」というお問い合わせをいただきます。

結論から言いますと、据置型ガスコンロは自分で設置することができます。しかし、ビルトイン型のガスコンロの設置は有資格者が行わなければいけません。厳密には、新たに設置するガスコンロとガスの元栓をつなぐ作業は、有資格者が行わなければいけないという事になります。

引っ越しの際にガスコンロを自分で設置したいと考えている方もいるのではないでしょうか。また、最近は自分の好きなように家の中をDIYする人も増えてきています今回はガスコンロを自分で設置する方法についてご紹介します。

ガスコンロの種類

自分で設置できるガスコンロとできないものがあるので、まずは取り付けたいガスコンロの種類から確認しましょう。

据置型ガスコンロ

据置型ガスコンロ

据置型ガスコンロとは、テーブルコンロやガステーブルともいいます。ホームセンター、インターネット、家電量販店などですぐ購入することができます。ガス栓にガスホースをつなげてガスコンロを台に設置するだけなので、比較的簡単に取り付け作業ができます。

据え置き型のガスコンロは、1口タイプ、2口タイプなどがあり、故障したらすぐに買い替えられるので、1人暮らしのアパートでの設置にも向いています。しかし、ガス管がむき出しなので注意が必要です。そして細かいところまで掃除がしにくいのもデメリットとしてあげられます。

ビルトイン型ガスコンロ

ビルトイン型ガスコンロ

ビルトイン型ガスコンロは、キッチンに組み込まれているタイプのコンロです。本体が据置型ガスコンロに比べ高額で、有資格技術者による取り付け工事が必要です。一軒家やマンションなど、長期居住する住居に多く設置されています。ビルトイン型ガスコンロは、キッチンと一体化しているため段差が少なく、掃除や手入れが簡単で、すっきりした見た目も人気です。

据置型ガスコンロの取り付け方と注意点

据置型のガスコンロは、業者に依頼する必要もなく、ホースと固定するバンドがあれば、自分で設置することが可能です。注意する点は、ガス栓とホースの種類を間違えないようにしなければなりません。

据置型ガスコンロは、ガス栓とホースを接続して使用しますが、ますはガス栓の形を確認します。そして、作業の前には必ずガス栓が閉まっているか確認して、軍手などをつけてからはじめましょう。

ホースエンド型の設置方法

ホースエンド型の設置方法

ホースエンド型は、元栓に赤いラインが入っているのが特徴です。赤いラインが消えている場合は、ガス栓を真横から見たときの接続部の形を見ます。接続部が滑らかでスマートな形をしていたらホースエンド型です。ホースエンド型はゴムホースとゴム管止めの2つがあれば接続ができます。

ホースエンド型のガス栓への設置の仕方は、まず最初に接続部分を固定する為のバンドを2つ通してから、ゴムホースを機器側に差し込みます。次にゴムホースをガス栓の赤いラインまでしっかりと差し込みます。

そして機器側、ガス栓側との接続部をバンドで固定しましょう。接続してからではバンドを通せないので最初にバンドを2つホースに通しておくことがポイントです。

コンセント型の設置方法

真横から見るとソケットを接続するための溝があって凸凹しているのがコンセント型です。コンセント型はゴムホースとガス栓の間にガス管ソケットが必要です。コンセント型の設置の仕方は、最初にゴムホースにガス管ソケットをつなぎます。ソケットの差し込み部分が見えなくなるまでしっかりと入れたあと、ホースエンド型と同じくバンドで固定します。

もしくはソケットと同梱されているホース固定用の熱で縮むチューブを差し込み部分にずらして熱湯をかけます。そうすることで、チューブが熱で縮んでフィットします。ソケットの固定が出来たらソケットをガス栓にカチッと音がするまで差し込みます。ガスコンロ側はホースエンド型と同じく赤いラインまでホースを差し込みバンドで固定します。

ガスの種類による注意点

ガスの種類による注意点

使用するガス機器が自宅のガスの種類に適合しているかを確認して取り付けてください。自宅でのガスの種類は都市ガスとプロパンガスがあり、それぞれのガスで使えるガスコンロが異なります。

ガスコンロの性能やサイズが同じ物であっても、対応するガスの種類が違っていると使用ができません。都市ガスとプロパンガスではガスの種類が違うので、お使いのガスに対応していないガス機器を使用すると、上手く火が着きません。

最悪の場合はガスの燃焼が正常に行われず、火災や一酸化炭素中毒といった、重大な事故が起こる可能性もあるので取り付けの前にしっかり確認しましょう。

都市ガス

都市ガス

都市ガスとは、メタンが主成分の液化天然ガス(LNG)の事です。海外から液体の状態で輸入され、各地に設置されたガスホルダーと呼ばれるタンクから、気体の状態で地下に埋められたガス管を通して各家庭に送られてきます。都市ガスはガスコンロのゴムホースの色がベージュです。以前は青でした。ガス器具に13A・12Aと表記があれば都市ガスです。

プロパンガス

プロパンガス

一方プロパンガスは、プロパンやブタンが主成分の液化石油ガス(LPG)の事です。都市ガスと同じように海外から液体の状態で輸入されますが、そのまま液体の状態でボンベに入れて各家庭に届けられます。プロパンガスのゴムホースの色は明るいオレンジです。ガス器具にLPまたはLPGの表記があればプロパンガスです。

建物の外にガスボンベが設置されている場所はプロパンガスと分かりやすいのですが、マンション等の集合住宅や、集中プロパン方式の地域は各家庭にボンベがありません。ガス機器の購入前や、引っ越しの前に必ずガス種を確認しましょう。

その他気を付けるポイント

その他気を付けるポイント

二股のガス線

ホースエンド型とコンセント型の両方が付いた二股のガスも存在します。ほとんどの場合、赤のキャップがホースエンド型、黒のキャップがコンセント型になっています。

ホースの長さ

事故の原因となるので、ホースを間違えないようにしましょう。また、長すぎるホースや短すぎるホースも事故や火災の原因になることもあります。サイズと長さがあったものを選びましょう。

換気扇

ガスコンロを設置する際には換気扇も一緒に確認しましょう。ガスを使用する際に換気を怠ると有害な一酸化炭素が発生し中毒になる可能性があります。

ガスコンロを設置したい場所に換気扇がない場合は、窓が近くにあるかどうか確認してください。もし窓も換気扇もない場合は換気設備の設置が必要となります。

ガス漏れ報知機

プロパンガスの場合はガス漏れ報知器の設置も義務付けられています。都市ガスの場合は現状では義務付けられてはいませんが、設置するのをおすすめします。設置する場所は、都市ガスとプロパンガスの性質の違いがあり、それぞれ異なります。

都市ガスは空気よりも軽く、漏れたガスは天井部に溜まりやすいので、キッチンの天井付近に設置するのが良いです。一方プロパンガスは空気よりも重く床付近に溜まるので、キッチンの床面付近に設置するのが良いとされています。

ビルトイン型ガスコンロの設置工事に必要な資格は?

ガスコンロの種類

ビルトインコンロの設置工事には資格が必要です。工具やシール材を使用した工事が必要で、ガス漏れの危険性や施工後のガス漏れ検査が必要になる為、自分で取り付けることはできません。

都市ガスに必要な資格

都市ガスの場合は、ガス機器設置スペシャリストやガス可とう管接続工事監督者各供給事業者の認める有資格者しか作業ができません。しかし現実には、取付を行っている業者の中にも無資格業者が沢山います。近年、特に増えてきています。事故が起きない限り、特にペナルティも無いのがその原因だと思います。

大切なお家を守る為にも、自身で安易に工事するのはやめて、施工業者にお願いする場合も、資格を持っているか必ず確認しましょう。万が一、大きな事故が発生してしまった場合、ご自身が加害者になってしまう事もあります。

ガス供給事業者が認めている専門業者に取り付けを依頼すると、不具合が起きたときの対応が早い事や、機器の定期点検なども行ってくれるところもあるので、安心してガスを使い続けられます。

プロパンガスに必要な資格

次に、プロパンガスの場合も上記と同じ事が言えますが、別に液化石油ガス設備士の国家資格が必要です。また、プロパンガスの供給事業者に機器の設置について確認することをオススメします。

設置にかかる費用は?

ビルトイン型の取り付けにはコンロ本体代と工事費

ビルトイン型の取り付けにはコンロ本体代と工事費の2つがかかります。コンロ本体の価格は5~20万円とメーカーや性能によって異なります。工事費も工事内容によって若干の差があります。

コンロのみの交換は2万円~、コンロとオーブンの交換、コンロと収納庫の交換、コンロとオーブンの取り外し+収納庫の設置はそれぞれ4万円~が相場となります。ガス配管の延長工事などを行う場合は別途費用がかかります。

まとめ

据置型ガスコンロの取り付け方と注意点

据置型ガスコンロは自分で設置することが可能です。設置の際はコンロがお使いのガス種に対応しているかの確認しましょう。設置が終わった後は、異臭がしないか、きちんと火が付くか、ガスコンロが壁から15㎝ほど離れているかを確認しましょう。これらを怠ると火災などの事故の原因となる場合があります。

ビルトイン型ガスコンロの場合は、費用を浮かせるためにDIYするのはやめましょう。自分で設置することが事故の原因につながってしまう場合もあります。専門の業者に、設置工事の依頼をすることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました