ガス機器

ガスコンロの寿命はいつ?交換のサイン、適切な買い替えタイミングとは

ガス機器

皆さんはガスコンロに寿命があることをご存じですか?ガスコンロを安全に使用するためにも、寿命や故障の兆候についてしっかりと理解しておきましょう。

ガスコンロの寿命の目安

ガスコンロは大きく分けて2種類あります。それぞれの寿命を確認いて活きましょう。

ビルトインガスコンロの寿命

ビルトインガスコンロの寿命

システムキッチンに組み込まれているガスコンロをビルトインガスコンロといい、耐用年数は約10年程度です。使用頻度や扱い方によって寿命は前後しますが、メーカー側も寿命を10年としており、製造して10年を越えた機種の部品は、生産を終了させている場合もあります。

据え置き型ガスコンロの寿命

据え置き型ガスコンロの寿命

キッチンのコンロ台に置いてガス栓とゴム管でつなぐガスコンロを据え置き型ガスコンロまたはガステーブルといいます。こちらの耐用年数は5~7年です。

ちなみに据え置き型ガスコンロに使われるガスホースにも寿命があり、使用するガスがプロパンガスか都市ガスかで耐用年数は異なりますが基本的にはガスコンロと同程度の寿命と思っていただいても問題ありません。

ほとんどの場合がコンロ取替時にセットで交換することとなります。ただし使用する環境にも左右されてしまうので、ホースの表面に亀裂など劣化が見られる場合には交換をして下さい。

ガスコンロ交換のサイン

ガスコンロ交換のサイン

・着火時や使用中にガスコンロから異音がする

・点火しにくく火力の調節もうまくできない

・ガス臭い

・使用後の調理器具にススが付着する

・炎が安定せず、色や大きさが不均

など

不具合はメンテナンスにより解消できることもある

使用年数が浅いにも関わらず不具合が発生した場合は、ガスコンロのメンテナンスをすることで、不具合が直ることもあります。

ガス栓を閉めてしまっていた、調理での汚れによる安全装置の誤作動、電気切れなどはよくあるトラブルです。ガスコンロの調子が悪いと感じたら、まずは掃除などのメンテナンスをしてみましょう「点火プラグ」「バーナーキャップ」は不具合の原因になりやすいため、特に意識して掃除をしてみてください。

ガスコンロの修理と買い替え、どちらがいいか

ガスコンロの修理と買い替え、どちらがいいか

ガスコンロが故障した場合、メーカーの保証期限、保証範囲内であれば修理がおすすめです。場合によっては無償での修理に応じてもらえるためです。

それ以外の場合、特に8年以上経過している場合は交換をおすすめします。先述した通り10年以上経過した場合は保守部品が無いか、修理費用が高額となるケースもあります。

また購入してから長期間経過している場合は、修理後にまた別の個所が故障してしまったり、複数個所で部品が故障している可能性もあります。修理はしたが結果としてその後すぐに買い替えることになったというケースも少なくないです。

ガスコンロの買い替えは最初はお金がかかりますが、結果的にみると買い換えたほうが費用を抑えられます。

ガスコンロを買い換える適切なタイミング

ガスコンロを買い換える適切なタイミング

故障した時以外でも、掃除やメンテナンスを行っても調子が悪いガスコンロは早めに交換することをお勧めします。

故障時に部品がない場合・部品はあるが機器の使用年数が10年を越えている場合などは買い替える絶好のタイミングと言えるでしょう。

万が一事故が起こってしまえば一酸化炭素中毒やガス漏れによる火災など、最悪の事態も考えられます。無論ガスコンロは安全性には十分に配慮し設計されていますが、部品の経年劣化は避けられません。

2008年以前に製造されたガスコンロは早めに買い換えることをおすすめします。

ガスコンロの部品の経年劣化は避けられません。

2008年10月以降、ガスコンロの全口に「Siセンサー」と呼ばれる安全センサーの搭載が標準化されました。Siセンサーには義務化されている安全装置に加え、3つの安全機能が加えられています。

Siセンサーコンロに標準搭載されている安全機能

・調理油過熱防止装置・・・鍋底の温度をセンサーが感知し、異常な過熱があった場合に自動消化します。

・コンロ消し忘れ防止機能・・・一定時間が経つと自動消火します。

・立ち消え安全装置・・・吹きこぼれや風で火が消えると自動でガス漏れを防ぎます。

ちなみに、Siセンサーコンロは環境省により定められている「省エネラベリング制度」の対象機器でもあり、安全性以外に省エネ性も向上しています。

Siセンサーの標準化以降、ガスコンロが原因の火災事故は減少傾向にあります。安全に使用するためにも、2008年以前のガスコンロは早めに買い替えましょう。

賃貸住宅のビルトインコンロが故障した場合

賃貸のビルトインコンロが壊れた場合、勝手に買い換えたりしてはいけません。賃貸契約書にある「室内の付帯設備」について確認し、まずは管理会社に連絡しましょう。

経年劣化等通常の使用で故障したのであれば、オーナー側が負担する場合が多いです。しかし、借主が故意又はずさんな使用によって故障させたのであれば、借主負担となることがあります。

ガスコンロを処分する方法

買い換えた後に残るガスコンロは、購入した業者で処分又は買取してもらえるかを相談してみましょう。引き取ってもらえない場合は、不用品会社に依頼するか、各自治体のルールに乗っ取った形で処分してください。

当社でお買い換えの場合は、もちろん当社で処分致します。

まとめ

ガスコンロを処分する方法

ガスコンロは消耗品であり、寿命があります。ガスコンロの不具合は不便なだけでなく事故につながる恐れもあります。些細な不調であっても早めに対処するようにしましょう。

ガスコンロが故障した際は、使用期間や故障内容、修理費用などを考慮した上で修理か交換をする必要があります。その際不明点がございましたら、是非私達にご相談ください!

愛知県 清須市・名古屋市・あま市の皆様へ

ガス機器の購入・設置・メンテナンス、水道、トイレ、お風呂、キッチン等水回りの修理、床暖房の設置、リフォーム、住まいのトラブルは、オオタケにお任せください!

親子4代、地域のお客さまに支えられて125年。これからも地域のお客様に寄り添う低価格で良いサービスを続けて参ります!

ガス機器の販売、設置から創業した当社ですが、長年に渡り地域密着でお客様と触れ合ってきたことにより、結果的に地域の「なんでも屋さん」になりました。

住まいに関するお困りごとはぜひオオタケにおまかせください。ご相談は無料です。どなた様もお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

清須市のガス機器販売&メンテンナス家のリフォームや修繕も承っております株式会社オオタケのスタッフブログ
タイトルとURLをコピーしました