お風呂リフォームキッチンリフォームトイレリフォーム床暖房リフォーム

リフォームに適したな時期はいつ?季節と風水から最適なタイミングをご紹介します!

お風呂リフォーム

リノベーションやリフォームを検討する際に気になる事といえば季節とタイミング費用面の相見積もりやリフォーム業者を選ぶ事も重要ですが、この季節とタイミングも大切です。今回はリフォームに適したオススメの季節と少し風水の知識をご紹介します。

リフォームの季節別メリット&デメリット

リフォームの季節別メリット&デメリット

リフォームを計画する時にすぐに始めるのか、時期やタイミングを考えるのか
各季節のメリット&デメリットをこちらでまとめて紹介します。

春にリフォームするメリット

春にリフォームするメリット

暖かくなった春は1番のオススメ時期子ども達の大学入学や就職、異動などで新しい生活が始まるご家庭が多いこの時期にリフォームをされる方は多く人気のシーズンとなっています。

四季がある日本の気候の中でこのシーズンの天気は安定しており、外回りの工事は雨に邪魔されず、室内の内部塗装や、クロスの張替えなど換気を行いながらの工事にも適しています。

補助金や助成金が取りやすい

補助金や助成金が取りやすい

地方自治体jは4月から新制度の予算組みを行います。リフォームに関する補助金や助成金も各市町村によって様々です。1年間の予算が組まれるケースが多いことから、この春先の時期は補助金、助成金ともに獲得しやすい時期になります。

春にリフォームするデメリット

建設・建築系企業の決算は3月末が多いことから年度末に仕事が集中されることが予想されます。例年職人さん不足になることが多いのが3月です。

よって春先にリフォームされたい方は年末くらいからリフォーム会社さんと相談を始めると良さそうです。また梅雨の時期に入ると工事の延期などが予想されます。そのため梅雨前までにリフォームを終わらせられる計画が必要になります。

夏にリフォームするメリット

夏にリフォームするメリット

梅雨シーズンを過ぎた夏はリフォームがしやすい時期です。梅雨が明ければ気温が上がり日照時間が長くなります。工事をする時間を夏の日中は長くとれるので工期の調整も自由度が増します。また、塗料などの伸びがよくなるので、外壁塗装などには向いているシーズンともいえます。

そして大掛かりなリフォームの場合、仮住まいが必要なケースがあります。夏休みにリフォームを行うとお子さんの通学の負担にはならないかもしれません。

夏にリフォームするデメリット

雨がよく降るシーズンは工事が伸びてしまうことがあるので屋根や外壁のリフォームは避けたいところです。またリフォーム工事中にエアコンを止めてする工事や、換気を伴う工事の場合は過ごしにくくなってしまうかもしれません。

秋にリフォームするメリット

秋にリフォームするメリット

秋も春同様におすすめの時期になります。お盆明けから冬に入る前までは気温も下がり工事もしやすく工事が捗るシーズンです。エアコンも必要なくなるので内装工事含め様々な工事が可能になります。

秋にリフォームするデメリット

ひとつ気がかりなのは台風、梅雨と違って予測不可能で、暴風圏内に入ると工事中部分での被害が出る可能性があります。台風の影響で工期が伸びてしまう可能性があります。

冬にリフォームするメリット

冬にリフォームするメリット

何と言っても腕の良い職人さんを捕まえやすい時期です。リフォーム業者や建築業に精通している方は、時期よりも職人さんが空いている時期にリフォームを計画するほど、腕の良い職人さんは匠の技術で仕上げの状態も変わってきます。

寒い時期にリフォームをする方は他のシーズンに比べて少ない為、業界全体の職人さんを春先に比べて確保しやすいシーズンです。

冬にリフォームするデメリット

キッチンやフローリングなどの内装工事はおすすめです。室内は問題なく進められますが、外回りは雪や霜の影響がある地方は気をつけましょう。

リフォームに役立つ風水

リフォームに役立つ風水

風水では新しい年を立春から数え始めます。2021年も節分明けの2月4日から2022年2月3日までを一年と考えます。各御宅の重要な点は、家の向きや最初に家を施工した年、住んでいる方(特に家長)の生年月日などの情報から風水鑑定を方位ごとに対策をしてもらうものですが、今回の内容は全てのリフォーム施工に通じるお話を紹介します。

まずは2021年の方位をチェック

まずは2021年の方位をチェック

風水では九星方位盤という図表を使います。鑑定では九星方位盤でその年に各星がどの方位にあるかを調べます。その際にリフォームをする際に外せないのが五黄土星の方位です。

ハプニングやアクシデント突発的な出来事に注意が必要な五黄土星の2021年の方位は「南東」です。土を掘ったり、空間の気を刺激することを避けたい方位になります。

参考までに避けたほうがいい二黒土星の方位は「北」になります。あまりリフォームに向いている年とは言えませんが下記を気をつけると良いでしょう。

・施工前にお清めを入念に行う
・施工後の風水対策
・方災のご祈祷を受ける
・施工開始日を吉日に設定する

上記の施工開始日で避けていただきたい「土用」の日

冬土用 2021年1月17日〜2月2日
春土用4月17日〜5月4日
夏土用7月19日〜8月6日
秋土用10月20日〜11月6日

土用の期間は土公神様が土に潜る時期とされ、土を掘ることは土公神様を怒らせる事になる。ですのでリフォームなどで土を触ることを控えた方が良い時期とされています。土用の日は丑の日にうなぎを食べる以外にも気をつけたいタイミングになります。

まとめ

リフォームの相談を始めて、工事開始まで余裕を持って2ヶ月

時期選びはもちろん失敗しない為にも計画と準備をしっかりすることが大切ですね。リフォームの相談を始めて、工事開始まで余裕を持って2ヶ月以上前から相談すると良いのではないでしょうか。

相談→現地調査→お見積もり→契約→工事開始の行程が最低でも必要になります。打ち合わせは数回お願いして納得のいく提案を受け取りたいですよね。

数ヶ月前から相談しておくと、繁忙期を避けたお得な提案をしてもらえるかもしれません。

時間に余裕を持って計画を立て、リフォーム業者と話を進めていただき、失敗しないリフォームを実現してください。施工開始日は土用の期間をさけ、事前にお清めご祈祷をしていただくことで、安心したリフォームをすることができそうです。

タイトルとURLをコピーしました